対象の工事とは

省エネ住宅ポイント制度を利用したいけど、どのような工事を行えば良いのか分からないという人が多いです。
制度について詳しく記載されているサイトもありますが、専門的な言葉で記載されているのできちんと理解するのは難しいでしょう。
その為、住宅建設を行なう業者では問い合わせ窓口を設けています。電話での問い合わせが可能なので、気になることをすぐに確認することができます。
実際にどのような工事が対象となっているのか紹介します。

省エネ住宅ポイント対象工事の一つに、エコリフォームという工事があります。省エネを目的とした設備を住宅に設置する工事です。
中でも人気のエコリフォーム工事が、節水型トイレや節湯水栓設備を導入する工事です。
私たちは生活の中で、多くの水を利用します。その為、水道料金などが高くなることもあります。
この設備を導入することで、節水が行えるので資源節約としてエコになります。水道料金なども安く抑えることが可能です。

バリアフリー改修工事も、省エネ住宅ポイント対象の工事です。
この工事では、段差解消や廊下幅の拡張、手すりの設置などを行ないます。
毎日の生活で、段差の昇り降りは高齢者に大きな負担となります。特に、足や腰に負担がかかるので段差が大きい程、高齢者にとって大変な環境となってしまいます。
小さなお子さんがいる家庭でも段差解消工事は必要です。
その為、段差解消工事を行なう家庭が増えており、省エネ住宅ポイント制度を利用しています。