従来制度との違い

ポイント制度と聞くと、店舗のカードに付与されるようなポイントカードをイメージする人が多いでしょう。
省エネ住宅ポイントは、そのような制度ではありません。
住宅に関するポイント制度となっており、新築やリフォームを行なうことでポイントがもらえます。
注文住宅で家を建てる場合、外壁や窓、暖冷房設備など住宅設備を省エネが行える設備にすることでこの制度の対象となります。
住宅性能などの基準も決められているので、住宅を建てる前に業者と事前に確認しておくことが大切です。

分譲住宅などの既に家が完成している住宅にも、省エネ住宅ポイント制度は利用できます。
今ある設備をリフォーム工事を行なうことで、エコやバリアフリーに対応した設備に変えることができます。
高齢化社会となっている日本では、家庭に高齢者の方がいる場合が多いでしょう。
バリアフリーに対応した住宅にすることで、高齢者も一緒に快適に過ごすことができるのです。
日本では、震災もあったことから耐震に対するリフォーム工事もこの制度の対象工事となっています。

省エネ住宅ポイント制度は従来の制度と同じだと思っている人が多いのですが、違いがあります。
対象となる住宅に違いがあり、従来の制度では、新築かリフォームが対象でした。
現在の省エネ住宅ポイント制度は、新築・リフォーム・完成済新築住宅の購入も制度の対象住宅となっています。
また、リフォーム工事で対象となる工事の項目も増えています。