用意する書類

省エネ住宅ポイントは、住宅建設やリフォーム工事を行なうだけでは付与されません。
申請手続きを行って、審査に通って初めて付与されます。その為には、申請書類を揃える必要があります。
ポイント発行・交換申請書を用意しなければなりません。この書類は4種類あり、全て申請方法が異なります。
新築の場合、ポイント発行申請タイプと工事完了前申請タイプの2種類があります。
分譲事業者が使用する書類もあり、このタイプは予約するための書類なので、住宅購入者は省エネ住宅ポイントを申請できない書類となっています。
残りの1種類は、完成済住宅を購入した人が使用する書類となっています。
自分のタイプの書類をしっかり確認して用意しましょう。

他にも添付書類が必要です。省エネ対象住宅証明書は全ての人が提出する書類となっています。
住宅の構造や性能などが記載されている証明書となっており、省エネ住宅ポイントの対象となる工事をきちんと行ったかという判断基準となります。
この証明書は、工事を行った住宅の構造や性能によって種類が分かれているので確認しておく必要があります。
省エネ住宅ポイントサイトでは、申請書の見本や手引きを掲載しているので確認することができます。

上記に挙げた書類と、本人確認書類も用意します。
パスポートや健康保険証、運転免許証などが本人確認書類となります。
本人確認書類は、いずれか一つを用意すればいいので、全て揃える必要はありません。